アポプラスステーション株式会社 コントラクトMR採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

アポプラスで活躍するMRのホンネ
MRの転職・コントラクトMRの求人募集サイト

MR未経験者はこちら

 

 

現役MRの声

仕事と家庭の両立、コントラクトMRはまさに理想の働き方です。

M・Tさん 36歳女性 / 新卒で外資大手製薬メーカーMR⇒アポプラス入社後1プロジェクト目

M・Tさん 36歳女性
新卒で外資大手製薬メーカーMR⇒アポプラス入社後1プロジェクト目

前職はどんな仕事をしていましたか

新卒で外資メーカーのMRを5年経験したのち、アポプラスへ入社しました。現在のプロジェクトが1社目です。

プロジェクトの内容を教えてください

婦人科・皮膚科領域です。大学病院から開業医まで幅広く担当しています。東北地方のとある県全域でMR活動をしていますが冬場は雪の影響があるため、効率的に情報提供できるよう工夫を重ねながら訪問をしています。

コントラクトMRになった理由を教えてください

結婚と主人の転勤がきっかけでした。主人もMRをしておりどうしても全国転勤がつきものです。この先仕事はずっと続けて行きたい、そして主人に転勤の辞令がおりた際は一緒に行き、その土地でまたMRの仕事をしていきたい。その希望に叶う働き方はコントラクトMR以外ありませんでした。

製薬メーカーのMRも経験していますが、何か違いはありますか

特にありません。製薬メーカー社員であってもコントラクトMRであっても業務内容は同じ。派遣先から求められていることも、評価の方法も全く同じです。
現在の営業所は非常に環境が良く、他の領域の方もとても親切にしてくださいます。私の事をコントラクトMRだと知らない方もいらっしゃるので、そのくらい業務に関して社員かコントラクトかの違いや隔たりはありませんね。
ただ一つだけ、これはコントラクトMRだからと言うわけではありませんが、経費精算や日報などを入力する社内システムは会社によって異なり、それをまた一から覚え直さないといけないのが非常に大変ですね。(笑)

勤務地や領域が変わったことで大変な面はありますか

勤務地が変わり、利点が多く出ています。以前メーカーMRだった頃は東京、現在は東北地方を担当しています。東京で勤務していた頃は最後の訪問が21時、そこから営業所へ戻って日報を書き23~24時というハードな生活をしていましたが、こちらに来てからはやはり土地柄でしょうか、17:30頃からクリニックはどんどん閉まっていき、最後の訪問が19:00頃という状況です。家のことを行う時間もでき、仕事と家庭の両立可能なプロジェクトで勤務でき幸運だったと思っています。
領域については以前プライマリだったため、婦人科・皮膚科は初めての経験でした。最初の頃はまだ知識量も少なくDr.との会話もぎこちないものでしたが、質問され、調べ、その繰り返しを行ううち3ヶ月も経過する頃には知識も豊富になりスムーズにディテールが行えるようになっていました。

今後のキャリアプランについて

既述となりますが主人の転勤について行けるような働き方がしたく、今後もコントラクトMRとして勤務を続けて行きたいと思っています。

アポプラスについて

非常に面倒見の良い会社だと思います。PM,SV*にも恵まれ色々な事を相談に乗ってもらっています。派遣先の製薬メーカーにも上司はいますが、また違う視点での相談窓口があるというのは大変心強いです。例えば困った事があった時も一緒に解決策を考えてくれ、その後「この間の件はどうなった?」と電話をくれるんですよ。嬉しいですよね。 環境は自然に変わってはくれないので、もし変えたいものがあるのだとしたら遠慮ばかりせず相談しないと解決の糸口は見えません。自分の環境は自分で作る、くらいの心構えが大事です。
*プロジェクトマネージャー・スーパーバイザー:プロジェクト管理者。MRのパフォーマンス向上のための管理・指導を行う。

 

望み通りの生き方、働き方、つかんでください

正社員MRの採用面談にエントリーする