アポプラスステーション株式会社 コントラクトMR採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

アポプラスで活躍するMRのホンネ
MRの転職・コントラクトMRの求人募集サイト

MR未経験者はこちら

 

 

現役MRの声

様々な領域を経験できる。勤務地が選べる。コントラクトMRだからできること。

■S・Yさん 35歳女性 / 新卒で製薬メーカーMR⇒アポプラス入社後3プロジェクト目

■S・Yさん 35歳女性
新卒で製薬メーカーMR⇒アポプラス入社後3プロジェクト目

前職はどんな仕事をしていましたか

新卒で内資メーカーのMRを2年経験したのちに家業を2年ほど手伝い、その後医療の業界にまた戻ってきました。アポプラスには3年前に入社し、つい最近3つめのプロジェクトに配属となりました。

プロジェクトの内容を教えてください

1つめのプロジェクトは造影剤、2つめはCNS(中枢神経系)、そして現在は循環器領域のプロジェクトです。 現在は外資メーカーで病院担当として6軒の基幹病院を中心に活動しています。一日に15人くらいのDr.と面談をしています。朝一番で病院に直行し、18時~19時くらいには仕事が終了します。

コントラクトMRになった理由を教えてください

事情があって現在の住居を離れられなかったので、希望エリアで仕事ができることが一番大きな魅力でした。

製薬メーカーのMRも経験していますが、何か違いはありますか

活動自体はどちらも全く変わりません。社内での待遇に関しても、良くも悪くも社員と同じように扱ってもらえています(笑)。
コントラクトMRは即戦力として期待されていますのでその点は大変な部分があります。たとえば新発売の薬剤でない限り、学術的な知識も社員MRよりマイナスから始まっていますのでそれを短期間で同等レベル以上にもっていくには相当の努力が必要です。
いずれにしても自身のスタンスも大事だと思います。コントラクトMRだからと引いてしまわずに自分の意見を言えるような環境を作り出す、、というんでしょうか。同じようにやっていきたいという想いを相手に伝えることが大事、自分が引くと相手も遠慮してしまいますから。

コントラクトMRはもちろん成果は求められますが、他にどんなことが期待されていると感じますか

製薬メーカーのMRは生え抜きの人が多いので、他のプロジェクト、会社で経験してきた新しい風を入れることも求められているかな、と感じます。たとえば小さなことですけど、講演会の出欠の取り方など自身が他で学んだやり方でやると、「そういうやり方すごくいいね」と周りから評価されたことはいくつかあります。

今後のキャリアパスについて

今までいろいろな領域(循環器、糖尿病、消化器、泌尿器、麻酔、中枢神経)の経験をしてきました。体はどの器官も関連していますから、複数の領域を経験することはどのプロジェクトに行っても活かせることを実感しています。これからもいろいろな領域の経験を積んでいきたいと考えています。

アポプラスについて

できれば自宅から通いたいという希望を持っていましたが、これまでの3つのプロジェクトでは考慮していただきました。 プロジェクト数が豊富ということは聞いていましたが、その通りだなと実感しました。また配属前の研修については研修スタッフからその領域ごとの専門的な研修を受けることができたので、初めての領域でも不安なく製品研修に入っていくことができました。

 

望み通りの生き方、働き方、つかんでください

正社員MRの採用面談にエントリーする