アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

MR認定試験 演習問題 疾病と治療その4 2017年

演習問題   疾病と治療その4 2017年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

脳実質内出血の原因として最も多いのは高血圧である。
心臓の機能に対して、交感神経は抑制的に働く。
気管分岐部の内面に豊富に分布している感覚神経は、交感神経由来である。
H2受容体拮抗薬は、プロトンポンプ阻害薬に比べ、胃酸分泌抑制作用は強い。
抗リウマチ薬は、効果が現れるのに時間がかかる。
コルヒチンは、通風発作の極期に有効である。
眼瞼の内部には、瞼板筋と呼ばれる骨格筋がある。
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、特異的防御機構として働く。
百日咳の治療には、マクロライド系抗菌薬を用いる。
閉経前の40代の乳がんが多い欧米に比べて、日本では閉経後に多いことが特徴である。

脳実質内出血の原因として最も多いのは高血圧である。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P15】 ※脳出血は出血部位により、脳実質内出血とクモ膜下出血に分けられる。
心臓の機能に対して、交感神経は抑制的に働く。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 基礎 P35】 [交感神経→副交感神経] ※副交感神経は次の身体活動に備えて身体を休める際に働く。
気管分岐部の内面に豊富に分布している感覚神経は、交感神経由来である。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 基礎 P51】 [交感神経→迷走神経]
H2受容体拮抗薬は、プロトンポンプ阻害薬に比べ、胃酸分泌抑制作用は強い。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P74-75】 [強い→弱い] ※プロトンポンプ阻害薬(PPI)には、オメプラゾールやランソプラゾールなどがある。
抗リウマチ薬は、効果が現れるのに時間がかかる。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P98】 ※その他、効いてくる量に個人差がある、効く人と効かない人がいる、重篤な副作用がある、など使い方が難しい薬である。
コルヒチンは、通風発作の極期に有効である。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P153】 [極期に有効である→極期に使用しても効果がない] ※極期に有効なのは、NSAIDsである。短期間で多量投与し、炎症を鎮静化させる。
眼瞼の内部には、瞼板筋と呼ばれる骨格筋がある。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 基礎 P144】 [骨格筋→平滑筋] ※交感神経で支配されている。
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、特異的防御機構として働く。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 基礎 P165】 [特異的防御機構→非特異的防御機構] ※体内に侵入しようとする全ての外来異物や病原体に対し、区別なく排除するセキュリティシステムを非特異的防御機構という。
百日咳の治療には、マクロライド系抗菌薬を用いる。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P221】 ※百日咳は、気道からの分泌物による百日咳菌の飛沫感染によって感染する。
閉経前の40代の乳がんが多い欧米に比べて、日本では閉経後に多いことが特徴である。

結果

あなたの回答
正しい答え
解説
【MRテキストII 臨床 P224】 [欧米⇔日本] ※乳がんは、日本における女性の悪性腫瘍の部位別罹患率で1位であり、45〜49歳が発症のピークである。

別の問題に挑戦する

アポプラスステーション MR認定試験体験版 トップページへ >>

 

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする