アポプラスステーション株式会社 MR(医薬品営業)採用サイト クオール株式会社(東証一部)グループ:内資初CSO事業会社として製薬会社に対するアウトソーシング事業を展開

MR(医薬品営業)の転職・求人募集サイト
「アポプラスステーション」≪未経験者向け≫

MR経験者はこちら

 

 

MR認定試験 演習問題 医薬品情報その5 2017年

演習問題   医薬品情報その5 2017年

問題は全部で10問あります。正しいと思われる回答を選択し、採点ボタンを押してください。

医師の診療行為のうち、マネジメントサイクルの「Do」に該当するのはどれか。
(  )内に入れる正しい語句はどれか。
医薬品インタビューフォームは、製薬企業が(  )からの依頼に基づいて作成している。
創薬に関して正しいのはどれか。
a:医薬品が承認を受け、発売されるまでの過程を「創薬」という。
b:創薬の過程は、大きく3段階に分けることができる。
c:創薬の過程は、9〜17年の年月がかかる。
医薬品の安定性試験のうち、苛酷試験に関して正しいのはどれか。
a:加速試験よりもさらに極端な条件下で行う。
b:安定性試験の中で、最後に行う。
c:分解生成物の分析方法の適合性を確認するために利用される。
添付文書の記載順序について、正しく並んでいるのはどれか。
添付文書の「併用禁忌」に関して正しいのはどれか。
a:「禁忌」の項には、重複記載しない。
b:赤枠の表内に、文字は赤色を使用しない。
c:相互作用を生じる医薬品の一般名と代表的な販売名を併記する。
静脈内注射の略号はどれか。
日本薬局方で定める気密容器はどれか。
酵素活性化関連型受容体はどれか。
ニューキノロン系抗菌薬と一部のNSAIDsが併用禁忌である理由はどれか。

医師の診療行為のうち、マネジメントサイクルの「Do」に該当するのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
治療
解説
【MRテキストI P7】 [1:問診=「Check」、3:処置=「Action」]
(  )内に入れる正しい語句はどれか。
医薬品インタビューフォームは、製薬企業が(  )からの依頼に基づいて作成している。

結果

あなたの回答
正しい答え
日本病院薬剤師会
解説
【MRテキストI P26】
創薬に関して正しいのはどれか。
a:医薬品が承認を受け、発売されるまでの過程を「創薬」という。
b:創薬の過程は、大きく3段階に分けることができる。
c:創薬の過程は、9〜17年の年月がかかる。

結果

あなたの回答
正しい答え
a、c
解説
【MRテキストI P30】 [b:3段階→4段階]
医薬品の安定性試験のうち、苛酷試験に関して正しいのはどれか。
a:加速試験よりもさらに極端な条件下で行う。
b:安定性試験の中で、最後に行う。
c:分解生成物の分析方法の適合性を確認するために利用される。

結果

あなたの回答
正しい答え
a、c
解説
【MRテキストI P49】 [b:最後に行う→最初に行う]
添付文書の記載順序について、正しく並んでいるのはどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
組成・性状→効能・効果→使用上の注意
解説
【MRテキストI P61表3-1】
添付文書の「併用禁忌」に関して正しいのはどれか。
a:「禁忌」の項には、重複記載しない。
b:赤枠の表内に、文字は赤色を使用しない。
c:相互作用を生じる医薬品の一般名と代表的な販売名を併記する。

結果

あなたの回答
正しい答え
b、c
解説
【MRテキストI P73】 [a:重複記載しない→簡潔に記載する]
静脈内注射の略号はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
i.v.
解説
【MRテキストI P84表4-4】 [2:腹腔内注射、3:皮下注射]
日本薬局方で定める気密容器はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
ガラス瓶
解説
【MRテキストI P101】 [1:密閉容器、3:密封容器]
酵素活性化関連型受容体はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
インスリン受容体
解説
【MRテキストI P136表4-17】
ニューキノロン系抗菌薬と一部のNSAIDsが併用禁忌である理由はどれか。

結果

あなたの回答
正しい答え
けいれん発作を誘発しやすくするため
解説
【MRテキストI P154】

別の問題に挑戦する

アポプラスステーション MR認定試験体験版 トップページへ >>

 

成長の医療業界へ一歩踏み出しましょう!

正社員MRの採用面談にエントリーする